お菓子

プロバイオティクスって何?

プロバイオティクスというものをご存知ですか?
プロバイオティクスについて理解を深めておくことは、健康な体を作り上げる上でとても重要な要素となります。
では、プロバイオティクスとは何なのか、それについて説明を行っていきます。

プロバイオティクスとは、ある特定の微生物のことをさした言葉です。
おおまかに微生物といっても、その数はとても膨大です。
プロバイオティクスが指し示しているのは、人間の腸内の細菌バランス、つまり腸内フローラをよりよい形に改善し、まあ、それにより体に良い作用をもたらしてくれる微生物、細菌類のことです。

プロバイオティクスは1989年にイギリスのフラー博士が提唱し、近年になるにつれ人間にとっての重要な健康法であるとして注目を集めてきました。
人間の中に生息する悪い菌を殺す効果を持つものを抗菌物質、つまりアンチバイオティクスといいますが、プロバイオティクスの場合は考えた方が少し違ってきます。
プロバイオティクスは悪い菌を殺すのではなくて、良い菌を増やすことで体の健康を保つという考えた方に基づいて提唱されたものであるのです。

そんなプロバイオティクスですが、体に良い作用をもたらしてくれる全ての菌類がそれに含まれるわけではありません。
体の良い菌の中で、さらにある一定の条件をクリアーしたものがプロバイオティクスに含まれるということになるのです。
プロバイオティクスによって得られる効果は一時的なものであってはいけません。

それを摂取することにより、健康な体を長続きさせることができなくてはいけないのです。
そこで、人間の腸内で増殖できる菌である、ということがプロバイオティクスの条件の一つとなります。
もちろん、腸内で増殖するには生きた状態のままで腸内にたどり着かなければなりません。

ですので、さらに生きた状態で腸内にまでたどり着くことのできる菌であること、が絶対条件となっているのです。
他にもプロバイオティクスに求められる条件は多数あります。
ですので、健康を意識する場合はプロバイオティクスについて理解を深めておく必要があるといえるでしょう。

Copyright(C) 2013 日常生活で大事な栄養素を摂取する All Rights Reserved.