お菓子

乳酸菌ってどんなもの?

乳酸菌というものについて、どれだけの知識をお持ちですか。
漠然と、体にいい働きをしてくれるもの、程度の認識をしているのが一般的かもしれませんね。
乳酸菌の効果について説明するに当たり、まず理解しておいてほしいことが一つあります。

それは、乳酸菌は人間の腸の中に生息している複数ある菌の中の一種である、ということです。
人間の体の中にはかなりの数の菌が生息している、ということがわかっています。
乳酸菌の住処である腸の中に限って言えば、菌の数は百種類に到達する程度であるというのです。

それぞれの菌は一個ずつ存在しているのではなく、一種類の菌が膨大な数生息しており、それが人間の体の調子を整えたり、人間が生きていくうえで必要不可欠な働きをしてくれているのです。
ですが、膨大な種類がある菌の中には人間にとっていい働きをしてくれるものもあれば、その逆で、人間にとっての悪い働きをしてしまう菌もあります。
いい働きをしてくれる菌を善玉菌といい、悪い働きをしてしまう菌を悪玉菌といいます。

では、乳酸菌はそのどちらにあたるのでしょうか。
乳酸菌は善玉菌を代表する、腸にいい効果をもたらしてくれる菌です。
健康な生活を送る上で乳酸菌の存在は絶対にかかせません。


では、乳酸菌はどんな効果をもたらしてくれる菌なのでしょうか。
それを具体的に知ることで、乳酸菌について理解を深め、よりその効果を実感できるようになると思います。
乳酸菌はまず、腸内に入ってきた糖類や炭水化物を発酵させます。

そうすることでできるのが乳酸と呼ばれるものです。
この乳酸を作り出してくれることが、乳酸菌が体にいいといわれる大きな理由でもあります。
乳酸は、いい働きをしてくれる菌以外の菌、雑菌や悪い働きをする菌などの働きを抑制してくれる効果を持ちます。
それだけでなく、免疫力を増加させたり、アレルギーの作用を抑えたりと、人間の体を健康な状態に保つための重要な役割を果たしてくれているのが乳酸菌なのです。
こちらのサイトにも乳酸菌の体内でのはたらきについてかかれていますのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 日常生活で大事な栄養素を摂取する All Rights Reserved.