お菓子

乳酸菌の効果ってどれくらいあるの?

乳酸菌は体にいい、ということを現在の日本ではよく耳にします。
乳酸菌を多く含んだ商品やバイオプロティクス商品も多く販売されていますから、その効果は確かなものであるのでしょう。
ですが、実際に乳酸菌を摂取する場合、得られる効果はどの程度のものなのか、ということが気になってきますよね。

せっかく乳酸菌を摂取しても得られる効果が期待していたものより小さければなんだか損をした気分になってしまうでしょう。
そこで、乳酸菌によって得られる効果はどれくらいなのか、という点についての説明をします。
まず理解しておいてほしいのは、乳酸菌はもともとからだの中、腸の内部に生息している菌であるということです。

では、どうしてわざわざ外から新しい乳酸菌を摂取したりする必要があるのでしょうか。
その理由は、乳酸菌の数は人によって差があるし、その数によって健康状態も大きく左右されてくる、という事実から予測することができます。
つまり、乳酸菌は放っておいても健康を左右するほどの変化をもたらしてくれるわけではないのです。

それどころか、もし乳酸菌を摂取せずにいて、乳酸菌の数が減ってしまったとしたら、腸内フローラが悪玉菌によって埋め尽くされることになり、腸の調子が悪くなったりアレルギー症状が悪化したりと様々な悪い効果を与えられることになってしまいます。
なので、乳酸菌を摂ることが必要になってくるのです。
さて、乳酸菌を摂るとどれだけの効果が得られるか、という点についてですが、これは、実際に摂取する乳酸菌の量に左右されるというのが本当のところです。

ヨーグルトでいえば300グラム分の乳酸菌を摂取したとします。
そうすると、数でいうと500億個の乳酸菌を摂取することができるのです。
これだと、腸の調子を整えることができます。

つまり、お通じの改善です。
さらにいうと、一兆個の乳酸菌を摂ると免疫力を高めることができるということもいわれています。
乳酸菌によって高い効果を得るためにはそれだけ多くの乳酸菌を摂取するということが必要になってくるのです。

便秘解消はダイエットに効果的なだけでなく、腸内環境が整うのでデトックス効果、美肌効果につながります。
美肌を目指している人は乳酸菌にプラスしてhttp://xn--1cki4e8c6b5622anre5qa171m6k2a.com/で紹介されてているプラセンタという美容成分も摂ると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 日常生活で大事な栄養素を摂取する All Rights Reserved.