お菓子

乳酸菌の効果を発揮するコツ

乳酸菌を摂取する前に、どうすれば乳酸菌はもっと効果を発揮してくれるのかということについて考えてみるといいでしょう。
そうすることで乳酸菌に対する理解も深まりますし、また、より効果を発揮しやすい乳酸菌の摂取の仕方を身につけることもできるようになります。
乳酸菌はただ摂取すればよいというものではなく、摂取するタイミングも重要になってきます。

その理由としては、乳酸菌を摂取しても生きて腸まで届くかはわからないということを理解しておいてください。
乳酸菌は細菌ですが、それでも生命を持ち活動していますので、当然死ぬこともあります。
しかし、せっかく摂取した乳酸菌が死んでしまうと、望んでいたような効果を得ることができなくなってしまうのです。

ですので、どうすれば乳酸菌の効果を高められるか、というより、どうすれば乳酸菌が腸に届くまでになるべく死なないようにできるのか、ということについて考えましょう。
そのためにはどうして乳酸菌が腸にたどり着く前に死んでしまうのか、という点についても理解しておく必要があるでしょう。
乳酸菌が死んでしまう原因、それは胃酸です。

乳酸菌は腸にたどり着く前に胃に入ることになります。
その際に胃酸に当てられて死滅してしまうのです。
胃酸の性質を変えることはできませんので、乳酸菌をより多く腸に届かせるには、胃酸が少ないときを狙って乳酸菌を摂取するのが最善の方法であるといえます。

胃は常に一定量の胃酸をその内部に放出しているわけではなくて、必要なときに限って胃酸を出すのです。
その必要なときとはもちろん食事中です。
食事の最中、胃は活発に動きます。

胃酸もたくさん放出されるので、食事の直前に乳酸菌を摂ったとしてもあまり効果があるとはいえません。
逆に、食事を終えた後だと胃酸の量は少なくなり、濃度も薄くなりますので、このときが乳酸菌を摂取するべき瞬間であるといえます。
もし乳酸菌を効率よく摂取したいと考えるなら、胃酸の薄まる食後の時間帯を狙って乳酸菌を取り入れましょう。

Copyright(C) 2013 日常生活で大事な栄養素を摂取する All Rights Reserved.