お菓子

乳酸菌を生きたまま腸に、ってどういう意味?

乳酸菌はただ摂取するだけで効果を発揮するわけではありません。
乳酸菌は腸まで届くことによって初めてその効果を発揮してくれるのです。
ですが、全ての乳酸菌が腸まで届くわけではありません。

口から入り腸に届くまでの間に胃酸によって死滅してしまう場合もあるのです。
そうなった場合、乳酸菌は効果を発揮してくれるのでしょうか。
実際、死んだ状態であってもそれなりの効果は発揮するということがわかっています。

ですが、なるべく生きた状態で届かせたほうがいいというのも事実です。
その方が得られる効果はアップします。
では、乳酸菌を生きたまま腸に届けるためにはどのようにすればいいのでしょうか。

食べたものを胃酸から逃す方法なんてあるとは思えません。
ですので、考えかたを変えてみましょう。
どうすれば胃酸に当てられないで腸まで乳酸菌を送ることができるか、ではなくて、どうすれば勇んで死んでしまう乳酸菌の数を減らせるか、ということを考えるのです。

胃酸に当てられて死んでしまう乳酸菌の数を減らすためには、胃酸の出にくいときを見計らって乳酸菌を摂取する必要があります。
胃酸が出にくい時期というのはずばり食事を終えた後の時間帯です。
食事を終えた後の胃酸は若干薄まってしまっていますから、そのときに乳酸菌を摂取すれば腸に届くまでに死んでしまう乳酸菌の数を減らすことができます。
食後以外にも、空腹時に摂取するのもおすすめです。

空腹時は胃酸があまり出ていないので、そのときに乳酸菌を摂取するとかなりの効率で生きたままの乳酸菌を腸まで届けることができます。
ですが、乳酸菌を摂る場合に一番重要なのは乳酸菌の摂取量です。
毎日一定の摂取量を保つことにより、乳酸菌は体を健康に保ってくれます。
なので、一日の生活の中で乳酸菌を摂る時間というのを決めておく、というのも一つの手であるといえます。
食事を取るのが難しい場合はサプリメントなどで効率よく乳酸菌を摂取しましょう。

Copyright(C) 2013 日常生活で大事な栄養素を摂取する All Rights Reserved.