お菓子

乳酸菌は一日にどれくらい摂っていいの?

乳酸菌をとることにより体を健康にすることができる、ということを知っている方はどれだけいるでしょう?
乳酸菌が体によいものだと知っている人はかなりの数いるはずです。
現在の日本では乳酸菌の効果に着目したバイオプロティクス製品が多数作られています。

バイオプレティクスとは腸内の細菌バランスをよりよい状態に改善してくれる効果を持つ微生物、つまり細菌のことを指し示す言葉です。
そんな乳酸菌についてですが、実際に乳酸菌を摂る場合、どうして乳酸菌が体にいいのか、という点について知っておかないとあまり効果を期待することができませんよね。
乳酸菌は善玉菌の代表でもあり、その数が増えることより腸内に生息している悪玉菌の数を減らすことができるので、その結果として腸内の調子がよくなったり、免疫力が高くなったりして体を中から健康な状態にできる、ということなのです。

さて、乳酸菌がどのようにして体に作用するかがわかったところで、新たな疑問が生じてくることと思います。
それは、一日に摂りたい乳酸菌の理想的な量はいったいどれほどのものなのか、ということです。
もし摂取する乳酸菌の量が足らなければ、腸内の悪玉菌の数を減らすことはできずに、健康な体を作ることはでいないということになります。

また、その逆のことも考えられるのです。
いくら体によいものだからといって度を越して摂取してしまうと、逆に体に悪影響をもたらしてしまう、なんてことは珍しいことではありません。
もちろん、それは乳酸菌にも当てはまります。

結論から言えば、一日の乳酸菌の摂取量、その目安は、乳酸菌を含んでいるヨーグルトなどの製品を食べるものとして考えると、大体2から300グラム程度だといわれています。
この量からあまり外れないようにして乳酸菌を摂取するようにすれば、体はだんだんと健康な状態に近づいていくはずです。
また、腸の調子がひときわ悪いと感じるときなどは、摂取する乳酸菌の量を増やしてみるのもいいかもしれません。

Copyright(C) 2013 日常生活で大事な栄養素を摂取する All Rights Reserved.