お菓子

乳酸菌を摂るにあたっての注意点はある?

乳酸菌をとる場合について、いくつか気にしておいてほしい点があります。
というのも、乳酸菌は生きているものなので、摂取の仕方一つをとってもその後の効果に差が出てきてしまうからです。
では、まず乳酸菌を摂るタイミングについて考えてみましょう。

乳酸菌をどのタイミングで摂ればいいか、これはとても難しい問題です。
乳酸菌を生きて腸まで届かせるためには、胃の状態を理解しておかなければならないのです。
胃から出る胃酸は乳酸菌を殺します。

ですので、胃酸が多く出ている間は乳酸菌を摂取してもその効果が薄れてしまうのです。
胃酸は食事をしている最中に活発に分泌されますので、食事時の乳酸菌の摂取には注意したほうがいいでしょう。
次に、乳酸菌をどれだけの量摂取すればいいのか、ということも気になる点であると思います。

乳酸菌の摂取量とそれがもたらしてくれる効果の度合いは密接な関係化にあるので、しっかりと理解しておきましょう。
乳酸菌をヨーグルトから摂取する場合、必要な量は300グラム程度といわれています。
乳酸菌の数にすれば500億個程度です。

この数の乳酸菌があることで、腸の調子がよくなり、便の通りも改善されます。
便秘に悩む方はこの数字を目安に乳酸菌を摂取するのがいいでしょう。
乳酸菌の摂取量は多すぎても少なく過ぎてもいけません。

もし摂取量が少なければ、乳酸菌を摂取したとしても実際に実感できるほどの効果は得られないでしょう。
逆に摂取量が多すぎた場合ですが、これもあまり良い影響をもたらしてくれるとは思えません。
そもそも、乳酸菌を含む食材を食べるというわけですから、食べ過ぎると栄養が傾いてしまい体調を壊してしまう、なんてことにもなりかねません。

乳酸菌を摂る際には、その摂取量についても注意するようにしましょう。
乳酸菌は正しく摂取すれば必ず体に良い影響をもたらしてくれるプロバイオティクスです。
しっかりとした知識を持って健康な体作りを行っていきましょう。
乳酸菌の耐熱温度についても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 日常生活で大事な栄養素を摂取する All Rights Reserved.