お菓子

和食に含まれている乳酸菌

乳酸菌という言葉を聴いたとき、まず思い浮かんでくるのはヨーグルトではないのでしょうか。
確かにヨーグルトには乳酸菌が含まれているので、その発想は正しいものであるといえます。
ですが、それ以外に乳酸菌を含んでいるものはなにか、ときかれると、とたんに何も思いつかなくなってしまう人は決して少なくないと思います。

現代では、乳酸菌を摂取する方法としてヨーグルトの宣伝に力が入れられているように思えます。
スーパーやコンビニであっても、店頭に並んでいるプロバイオティクス商品、つまり腸の調子を整えるための健康用食品は、そのほとんどがヨーグルトなどの乳製品です。
しかし、なにも乳酸菌を含んでいるのはヨーグルトだけ、というわけではありません。

むしろ、日本人にとってはなじみの深い食材に、乳酸菌は含まれているのです。
では、いったいどの食材、食品に乳酸菌が含まれているのでしょうか。
それを予想するためのキーワードは、ずばり「醗酵」です。

乳酸菌は醗酵食品に多く含まれているということが現代ではわかっています。
さて、日本人にとってなじみの深い食品で醗酵食品でもあるものといえばなんでしょうか。
まっさきに思いつくのは味噌や醤油などの調味料ですよね。

これらの調味料はほとんど毎日食卓に並んでいるのではないでしょうか。
日本人にとっての定番の料理として、味噌汁は欠かせないメニューです。
他にも乳酸菌を含んでいる食品はあります。

これもまた日本人にとってなじみの深いものです。
特徴的なにおいに、かき混ぜるたびねばねばとする糸、この二つから考えられるのは、そう、納豆です。
納豆は大豆が原料ですし、醤油も味噌も同じです。

どれも食材の醗酵によって作られるものですので、乳酸菌を多分に含んでいるのです。
これらの調味料、食材を使った和食も、乳酸菌を多く使用した料理であるといえます。
ですので、体の健康を考える場合は、まず基本的な和食を作るようにしてはいかがかと思います。
おなかの調子を整える乳酸菌は毎日摂取が良いと言われています。

Copyright(C) 2013 日常生活で大事な栄養素を摂取する All Rights Reserved.